Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ペナントレース やまだたいちの奇蹟の名言(こせきこうじ)

ペナントレース やまだたいちの奇蹟
スポンサーリンク

ペナントレース やまだたいちの奇蹟について

『ペナントレース やまだたいちの奇蹟』は、こせきこうじにより、集英社発行の『週刊少年ジャンプ』にて、1991年から1993年まで連載されました。

参考ウィキペディア

ペナントレース やまだたいちの奇蹟の名言

本人がどーしてもはいってやるっていうつえー意志がありゃー ぜったいはいれるに決まってる

話者:三原脩
掲載コミック:1巻36ページ

かっこつけてやる気ねーふりしてるほーが よっぽどはずかしくはねーか

話者:平田昭彦
掲載コミック:1巻191ページ

勝負をさけて勝っても 意味がない

話者:山田泰二
掲載コミック:2巻37ページ

みんなに奇蹟がおこることを期待させ そしてじっさい奇蹟をおこしてしまう それができるのがほんとーの四番打者じゃねーか 四番打者ってーのはそーいう存在じゃねーのか

話者:三原脩
掲載コミック:4巻60ページ

四番が打ったんだっ 四番ってーのは 逆転打を打つもんなんだーっ

話者:八木沼純
掲載コミック:6巻123ページ

おれが去年のまま…… 二十年間野球をやっていても… 最後まで観客がわくことはなかっただろう… (中略) おれは…… 今年この声援をきけただけでじゅうぶん…… おれには二十年野球をつづける以上に価値のあることだ

話者:矢島英治
掲載コミック:7巻12ページ

あいつがぜったいに打てると信じこむことがだいじなんだ

話者:三原脩
掲載コミック:7巻201ページ

おまえがなぜ これからもつづくはずの野球生活をすててまでも今年にかけたのか…… この大歓声をきいて おれにもようやくわかってきた…

話者:相原誠
掲載コミック:8巻30ページ

もらったものは すこしでも返したい

話者:矢島英治
掲載コミック:12巻162ページ

いいんですか……… このまま二軍へいってしまったらもう二度とあがってこれませんよ もう二度と……

話者:山田泰二
掲載コミック:13巻16ページ

とても打てそうもないときでも ぜったいに逃げないで 赤い顔して火の玉となってむかっていったんだ

話者:山田よしお
掲載コミック:14巻180ページ

ペナントレース やまだたいちの奇蹟に興味を持たれた方はこちら

Amazon KindleAmazonブックス楽天Kobo楽天ブックスYahoo!ショッピングセブンネットショッピングネットオフ